子供が大きくなって部屋が足りない
部屋の多い家に住み替えたい

子供が大きくなったら部屋の多い家で子供部屋を

子供に自分の部屋を用意してあげるメリット

子供が大きくなって部屋が足りなくなってしまったということがあります。
小さい頃は特に部屋を必要としなくても、成長していくにつれて自分の部屋を持たせることはとても大きな意味があります。

必ずしも集中して勉強をするためだけに部屋を確保するという意味で部屋を与えるのではなく、子供が大人に成長する段階で必要となる部屋だと考えるようにしましょう。

子供とはいえ成長していくほどに自立心が芽生えてくるもので、どんどん親の手から離れていきます。親としては寂しい気持ちもありますが、ここはグッとこらえて子供の成長を見守ってあげたいものです。

自分の部屋でゆっくりと落ち着いて日々のことを考え、リラックスできる空間を作ってあげるためにも子供部屋が必要なのだという認識を持つことが大切です。

子供部屋がない家の場合は住み替えも

この期にマイホームを購入する人も

今住んでいる家ではどうしても子供のために部屋を確保することが難しいという場合は、部屋がもっと多い家に住み替えたいと検討されるでしょう。

このタイミングで住宅を購入する人も多いようです。賃貸よりも思い切って住宅を購入した方が、将来的に資産として残すことができるからです。家賃はいくら払っても他人の資産になるだけですが、住宅ローンは払い終われば家という大きな資産を残すことができます。自分にとっても、子供や家族にとっても、将来の家計にとってもこれは大きなメリットです。

住宅を購入する場合、マンションにするか一軒家にするかで迷う場合も多いですが、将来のライフプランを考えて検討することが必要です。

子供のことを優先して考えるのであれば一軒家の方がのびのびと子育てができるといえますし、勉強に集中してもらうためにも良い環境を与えることができると考えられます。

また、自分たちの老後のことを考えるのであれば、マンションの方が管理がしやすいという考え方もあると思います。ただ単純に部屋数を増やすことだけを考えるのではなく、将来の生活を考えて検討することが大切です。

住み替えのための住宅を購入する場合は、できる限り情報を集めて色々な物件を確認してみることが大切です。住宅の取得は決して安い買い物ではありませんので、「あの時失敗した!」と思うことがないようにしっかりと検討することが大切です。

できるだけ早く快適な住環境を手に入れるためにも、たくさんの情報収集を行うことをおすすめします。

>> こんな家に住みたい!一覧へ戻る