のどかな田舎に一軒家を買って暮らしたい

田舎暮らしのメリット

首都圏に住んでいる方は田舎に住むことへの憧れを強く感じることのある人も多いでしょう。
人混みに紛れて空気の悪い環境で暮らすよりも、のびのびとした環境の中でのんびりとのどかな田舎で一軒家を買って住みたいと考えている方がたくさんいます。

実際に首都圏から田舎へ引っ越してきた方のほとんどは田舎暮らしに満足していると答えるそうです。

田舎暮らしを決めた方が特に驚かれるのが土地の値段がとても安いということです。

首都圏では家をようやく建てられるくらいの狭いスペース分しか購入することができない金額でも、田舎では同じ金額で信じられないくらいの広い土地を購入することができます。

田舎で一軒家を購入するのであれば土地と建物を合わせても首都圏よりもかなり安い金額で購入できます。しかも広々とした土地を手に入れることもできるので、ガーデニングや家庭菜園も本格的に楽しむことができるでしょう。

もちろん都会での便利な生活スタイルに慣れている方にとっては田舎での生活が不便に感じられることもあるかもしれません。交通の便が悪く、物価も高く、病院がない…と不満を感じることもあるかもしれませんが、本来の人間らしく生活することができる醍醐味は田舎でしか味わうことができないのです。

できるだけ多く田舎で暮らす人を増やすために、地域によっては他の土地から移住して来る方に土地や住宅を斡旋してくれたり補助金を支給してくれる場合もあります。

田舎に家を買う前に現地の方のアドバイスを

田舎の自然を活かした家造りを目指すためにも、現地の方のアドバイスを受けることをおすすめします。

例えば雪が多い地域であれば屋根の雪下ろしが必ず必要になるのか、もし雪下ろしをしなくて済むようにするにはどんな工夫をするべきなのかなど、実際にその土地に住んでいる人にしかわからない情報を色々と確認してみるようにしてください。

自分の理想としている家造りもあると思いますので、他人の意見も尊重しつつ自分の夢であるマイホームを手に入れるためにできることから行動するようにしましょう。

>> こんな家に住みたい!一覧へ戻る