保育園のある子育てに適した地域に住みたい

保育園や幼稚園のある地域で子供と暮らす

保育園や幼稚園のある子育てに適した地域に住みたい
photo by MIKI Yoshihito (´・ω・)

結婚をしたばかりのご家庭では近い将来のことを考えて、保育園があり子育てに適した地域に住みたいと考えるケースが非常に多くなります。

家を建てる際にこうした希望を持つ方は地方ではあまり見られないのですが、一方で都市部ではこうした希望が非常に多く、これは待機児童問題と大きな関わりがあるのです。

都市部は共働き夫婦に厳しい

待機児童問題とは共働きやシングルの方のご家庭が、認可保育所に入所申請をしても児童が定員を満たし入所できない認可保育所が非常に多くあり、働くことが難しくなるという問題で、とりわけ都市部においては問題が深刻化しています。

近年では少子化が叫ばれる中で子供の数自体は減少しているのですが、一方で女性の社会進出がますます加速する中で結婚後も出産後も働きたいという女性が増えているのです。

また長く続いた不況の影響でサラリーマンの平均年収は落ち込むことになり、家計を助けるために将来に不安を残さないために女性も働くということもあるのですが、やはりそうした時にまだ小さなお子様がいる場合には働くことが難しくなります。

特に0歳から幼稚園もしくは小学校入学前のお子さんの場合は自宅で一人にしておくことはできませんので、日中に預けることができる保育園のある子育てに適している地域に住みたいというのは切実な願いといえるのです。

まずは自治体に問い合わせてみよう

では都市部において具体的にどのような地域であれば子育てに適している便利な場所といえるのでしょうか。

これに関しては各地で事情が異なりますのでまずはお住まいの自治体に連絡を取り、認可保育所の空き状況について確認してみると良いでしょう。

最近では待機児童問題がクローズアップされる中で施設はぞくぞくと建設されています。これまで選択肢に入っていなかった地域でも入所しやすい場所もありますので、自治体に相談することで細かな情報を集めることができます。

また認可保育所がなかなか見つからない場合は認可外保育所も選択肢に入ることになり、そうした施設の場合は希望通りの保育園とはいかないかもしれませんが子育てに適した地域といえます。

>> こんな家に住みたい!一覧へ戻る