照明機器の選び方のポイント

いろいろな照明器具をどうやって選べばいいか

照明機器の選び方のポイント
photo by marcp_dmoz

日本の様々な一般住宅を見渡したときに、照明機器に関してはシーリングライトを使用しているケースが非常に多く、使い勝手が良い反面であまり個性が感じられないということがあります。

これから新築を建てるという方の場合は便利さと共に個性を併せ持つ照明機器を設置したいところですが、選び方としてはどのようなポイントがあるのでしょうか。

メインとなる照明を選ぶポイント

まず天井照明で見た場合にはシーリングライト・シーリングファン・シャンデリア・ダウンライト・スポットライト などの種類があります。

一見すると個性が無いシーリングライトも最近ではリモコンが付いて光量を調整することができたり、LEDライトで節電を行うことができる場合もありますので、利便性が高いと共にその後の経済的な面でもメリットが大きいので、こうした点も選び方としてはポイントになります。

続いてシーリングファンですが、以前は装飾的な要素が強かったものの近年では室内の空気を循環させることで冷暖房の効率をあげることができるという点から見直されており、やや古めかしいデザインの物ばかりでなく現代風のすっきりとしたデザインの製品も販売されています。

またシャンデリアに関しては宮殿の大広間で使うような物ではなく、ダイニングテーブルの上などスポットで使う非常に小さなタイプの物に人気が集まっています。
こちらもやや古めかしいデザインの物だけでなくアールヌーボーや現代風のものから子供が喜ぶカラフルな物まで様々あります。

また電球ではなく省エネ性能が高いLED電球も多く普及していますのでその後の電気代も心配は必要なく、デザイン面が優れているという点で考えるのも選び方としては重要なポイントになるのです。

間接照明を取り入れてメリハリをつける

またダウンライトやスポットライトなどの照明機器の組み合わせも様々あるのですが、最近では間接照明を選ぶ方も多くおります。

間接照明は光源が直接目に入らないことから目に優しいということがあり、主に寝室などで取り入れるケースが多いといえます。

>> マイホームを選ぶ時のポイント一覧へ戻る