マイホーム購入時に選んでおきたいオプション商品等

家を買うときに一緒に揃えるとよい物

家具・家電や、後からやりにくいフロアコーティング等は購入のタイミングで

マイホーム購入時に選んでおきたいオプション商品等
photo by Tom.Bricker

マイホームの購入というのは人生においてそう何度もないことですが、オプション商品があるということをご存知でしょうか。

一般的にオプションといえば車を購入する際に付けられる物が思いつき、例えばアルミホイール・ETC・カーナビ・サンルーフなどが挙げられるのですが、
マイホームの場合にも希望によっては既存の設備を換えてより良い設備をつけてくれる場合があるのです。

このオプション商品は大きく分けると3タイプがあり、利便性を高めるための設備、快適性を高めるための設備、クオリティーを高める設備があります。

事前に設置した方がよいオプション

まず利便性を高めるための設備とは、日常生活をより便利に暮らしやすくするための物を指しており、具体的には食器洗浄機・生ゴミ処理機・浄水器・ビルトインレンジ・浴室テレビ・階段や浴室の手すりなどと様々あります。

いずれも実際に生活をし始めてからあったらいいなと気がつくことも多いのですが、後からご自身の手で設置することが難しい物もありますし、
業者に後から頼めば余計な工賃を取られることにもなりかねず、いずれも建築段階で取り付けたほうがよいといえるのです。

続いて快適性を高めるための設備とは、エアコン・浴室冷暖房・床暖房・密封性が高い窓・結露を防ぐ窓などをはじめとする設備で、
とりわけ室温調整に関わるところではその後の電気代にも直結することになりますので、事前に設備を整えておいた方が結果として安く上がるということもあります。

空間をラグジュアリーにすることで気持ちも穏やかになる

さらにクオリティーを高める設備とは、室内に配する設備には金額的に高い物から安いものまで様々ありますので、その中でも特に力を入れたい箇所にはハイクオリティーの設備を選ぶということもあるのです。

例え照明をすべてLEDにしたり間接照明を取り入れたり、調湿や消臭の機能があるタイルにしたり、風呂場の湯船を通常より広い物を選んだり、
または広い部屋の照明をシャンデリアにするなど、マイホームを購入する際には選んでおきたいオプション商品は様々あるのです。