家賃を払うより買ったほうがこんなにお得

賃貸とマイホーム、結局どっちが得なの?

賃貸の家賃と比較したマイホーム購入のメリット

現在、賃貸住宅にお住まいの方はこれからも家賃をずっと支払っていくことを考えると住宅を購入して持ち家にした方が良いのでは?と思ったことはないでしょうか。

よく「家賃とほぼ同額の住宅ローンのお支払いでマイホームが手に入る」というセールスを耳にすることがあると思います。本当にそうなのか?と疑問符がつく点としては、いずれは傷んでくる箇所も出てくるのでその都度修繕する必要があるので費用を負担しなければならないなど、賃貸住宅では必要のない費用が発生する可能性があるからです。

しかし、将来的に考えて賃貸と持ち家で比較してみるとこんなにお得になるという点がありますので、確認してみましょう。

持ち家の場合は自分の資産になる

老後のことを考えるとマイホームは取得しておきたい

持ち家の場合は将来は自分の資産になるということです。
不動産の価値としては将来的にどう変動するか判断することはかなり難しいかもしれませんが、全くゼロになるということは考えられません。

比較的首都圏の方が不動産の価値としては上昇することが見込まれるため将来の自分に資産を残すためにも良い結果を残すことになるといえます。賃貸の場合はいつまでたっても自分の資産として残ることはありません。

住むための費用として支払っている家賃を自分の家と土地という資産として残すための費用として考えれば、持ち家の方がお得になると考えることができます。

家賃は他人に支払うもの、住宅ローンは自分の資産に支払うものと考えると、賃貸よりも持ち家の方が将来的には金銭的にお得になることが多いといえます。

定年後の安心を積み立てていく

年金で暮らすときに「家賃」という大きな負担がない安心感

賃貸であれば定年を迎えて年金暮らしをするようになったとしても家賃を支払わなければいけません。今賃貸に住んでいる人は計算すればわかると思いますが、家賃と言うのは生活費の中でも大きな割合を占めるものです。これを年金で暮らしながら支払うというのはかなり大変でしょう。

しかし、持ち家でローンが完済していれば家賃という大きな負担がない状態で生活ができるということを考えると、これは大きなメリットだといえます。

このように、老後もずっと家賃を支払い続けるというのはとても大変ですが、早いうちにマイホームを取得してしまい、住宅ローンを完済してしまえば住むところにお金をかけずに住みます。これは大きなメリットと言えるでしょう。

住宅ローンは組み方・返済の仕方で大きく違う

どう組むか、どう返すかで大きく違う住宅ローン

住宅ローンは早く完済するためにできるだけ頭金を多く用意して住宅ローンの負担を軽くするようにする方が多いです。その分金利もかからないことになり、最終的な支払額は小さくなるので良いことです。住宅ローンの組み方によっては賃貸よりも月々の負担を減らすことも可能になるでしょう。

しかし、住宅ローンは組み方次第で大きく違ってきます。住宅ローン控除や、住宅以外の他のローンのことを考えたときに、一概に早く返済することが得とは言えない場合もあります。また、住宅ローンを借り換えることで最終的な支払い金額を大きく減らしたり、月々の返済額を減らすということも可能です。

また、住宅ローンの支払いを考えるときは「今払えるか」だけでなく、人生のライフプランを考えて長期で考えておかないと、将来的に子供が大きくなったときの学費などの大きな出費によって後になって「住宅ローンが払えない」などとなってしまうこともあります。

不動産の営業は住宅ローンを「今払えるか」の相談には乗ってくれますが、「将来に渡ってちゃんと払えるか」まで見てくれる人はあまりいませんので、この点はしっかりと考えておきたいところです。

住宅ローンに関しては当サイトの別カテゴリで詳しく解説していますのでぜひ参考にして下さい。

住宅を購入するということは大きな買い物でもあるため、将来の人生設計も踏まえてしっかりと検討することが大切です。

>> 一軒家とマンションの比較一覧へ戻る