賃貸マンションより自己所有のほうがこんなに良い

マンションに住むなら賃貸?自己所有?

支払うお金の総額は同じでも「残るもの」は全然違う

マンションに住むことを考える場合、賃貸にするべきか思い切って購入して自己所有にするべきかは非常に迷うところです。

仮に一生を賃貸マンションで暮らしてずっと家賃等を支払続けることを考えた場合と、マンションを購入して自己所有にした場合とを比較した場合は将来的に支払う総コスト的にはほとんど大差がないと言われています。それでも結論としては自己所有マンションの方が良いと考えられます。

その理由としては、まず将来的には自分の所有物となるということです。

自己所有のマンションの場合は住宅ローンの支払いが終わってしまえば「家賃」のような大きな出費がなくても住むところには困りません。これは定年を迎えて収入が少なくなったときに非常に心強いことです。

また、自己所有のマンションは売却することもでき、そこでまとまったお金を手に入れることもできます。そう考えると、”支払うお金”は同じでも、”残るもの”は全く違ってきます。

マンションを購入するにあたって一括で支払をしてしまえばその時点で自分の所有物になるのは当然のことですが、住宅ローンを活用して購入するという方が大半だと思います。

ローンの月々の支払い金額と賃貸で家賃として支払っている金額を比較するだけでなく、他にも色々な諸経費が必要となることを頭に入れておかなくてはいけないため、きちんと人生設計を考えながらローンを組む必要がありますが、将来的に完済した時のことを考えるとメリットが大きいといえます。

購入時にできるだけ頭金を多く入れておき、ローンの負担を大きく軽減させることによって金利が余計にかからないようにすることもできますので、しっかりと計算をする必要があります。

一番心配なのは転勤で住めなくなることですが・・・

実は転勤になってもちゃんと対策があります

マンションを購入して自己所有にするときに一番心配なのが転勤によってそのマンションに住めなくなってしまうことでしょう。しかし、そんな場合でもマンションを賃貸で貸すこともできますし、場合によってはローンの支払額よりも賃貸料のほうが高く、不動産投資のようにプラスの収益をもたらしてくれることもあります。

また、売却して新しいマンションの頭金にすることもできます。

仕事の関係で転勤する可能性がないという方にとっては、その心配がないため自己所有のマンションを持っていることは大きなメリットになります。

将来のプランを長期的に考えて賃貸か自己所有かを検討

自分や家族にとってメリットが大きいほうを選ぶ

賃貸にするか自己所有にするか迷っているという方は、将来の自分や家族を見据えた生活を想像してみてください。どちらを選ぶのが自分達にとってメリットが大きいのかということをしっかりと考えて検討することが大事です。

自分の家だという意識が高まるほど落ち着いて過ごすこともできますので、精神的にもゆっくりとリラックスできるため生活環境も良いといえるでしょう。

また、定年を迎えて収入が減った時のことを考えると、購入する場合は早いうちに住宅ローンを完済してしまい自分の持ち家としてしまった方が月々の出費を減らすことができるため自分も家族も生活しやすいといえます。

>> 一軒家とマンションの比較一覧へ戻る