一軒家とマンション・購入するならどっちがいい?
メリットとデメリットを比較してみる

結婚してマイホームを取得するとき

一軒家にするかマンションにするかは迷いますよね

結婚してマイホームの取得を検討するという方も多いと思いますが、住宅を取得するときは、自分と家族の意見をいろいろと話し合うのはもちろん、一生に一度の買い物なので後で後悔しないように一軒家とマンションのそれぞれの特徴やメリット・デメリットなどをお互いに理解した上で話し合うとよいでしょう。

一軒家購入のメリットとデメリット

一軒家購入のメリット

マイホームを購入するにあたって、一軒家とマンションのメリットとデメリットの面で比較してみましょう。

まず一軒家のメリットとしては将来的に残る自分の資産としてかなり大きな金額になると期待できる点です。 建物は経年劣化によってどんどん評価価格が下がっていくものですが、土地代だけは残るものなので財産としての価値が大きなものになります。

また予算に応じて自分の好きな間取りや広さに設計することができることも大きなメリットです。

マンションほど騒音を気にしなくても良いので、子供をのびのびと育てることができたり、ペットを飼う楽しみも増えるでしょう。

一軒家購入のデメリット

一軒家のデメリットとしては、どうしても購入代金が高くなるということです。

土地と建物の購入代金を含めると総支払額がマンションよりも高額になる場合が多いため、予算が足りないので設備のランクを下げざるを得ない場合も多くなります。

将来的に修繕が必要になった場合には自分で支払うため、一時的に大きな負担がかかってしまうことも予想されます。

マンション購入のメリットとデメリット

マンション購入のメリット

マンションのメリットとしては、一軒家と同じ予算であってもグレードの高い物件の選択肢が増えるということです。立地条件が良く、セキュリティ面が充実したマイホームを購入することができます。

また、将来に備えた修繕積立金を支払っているためまとまった修繕費用を負担する心配がないことも大きなメリットです。きちんと管理してくれるため快適な環境で生活することができるのはとても便利です。

マンション購入のデメリット

マンションのデメリットとしては、上下左右の隣人に気を使いながら生活するストレスを感じることが多いということです。特にお子さんがいるご家庭の場合は騒音がひどくて迷惑をかけてしまわないだろうか、もしもそれが原因でトラブルになるのではないかなど気にすることが増える可能性があります。

きちんと許可されていなければペットを飼うことすらも難しいといえます。将来的にも管理費や駐車場代などの負担が続くことも負担に感じられることもあると思います。


このように、一軒家にもマンションにもそれぞれメリット・デメリットがあり、自分がどのような家に住みたいのかをよく考えて検討する必要があります。