一軒家を買うときの流れ

一軒家を買うときってどんな流れなの?

流れを頭に入れておけば迷わなくて住む

一軒家を買うときにはどのような流れで購入するのか確認してみましょう。

まずはどんな一軒家を手に入れるのかあらかじめ決めておくことが大切です。
建売住宅なのか、新築にするか、中古にするのかなどによって資金計画の立て方が異なります。 予算を決めておくことでどんな住宅を購入することができるのかの目安にもなるでしょう。

建売住宅や中古住宅の場合は情報収集をしながらできるだけ多くの物件を実際に足を運んで確認することをおすすめします。 新築の場合はハウスメーカーや工務店など信頼できる会社に依頼して話を進めて行きましょう。

物件が決まったら総支払額の見積もりをもらう

物件が決まったら購入代金の他にも諸経費が必要となりますので総支払額として必要な金額を見積もってもらいます。

条件が合致して購入の申込を行ったら、重要事項説明を受けて売買契約を締結します。

既存住宅と新築で代金支払いのタイミングが異なる

購入代金を現金の一括払いで行う場合以外は住宅ローンの借入を行いますので、金融機関などに申込を行います。 売買契約を結ぶ前に事前審査を受けておくこともできますので、審査に不安がある方は金融機関にお問い合せください。

無事に住宅ローンの審査に通過して借入が可能となることで既存住宅の場合は融資が実行されて販売店に代金を支払う形になり、新築の場合は工事が着工し完成後に購入代金を支払う形になります。

登記は司法書士などに依頼するのがおすすめ

代金の支払が完了後に登記を済ませる必要がありますが、自分で手続きを行うことが難しい場合は司法書士などの第三者に依頼することもできます。

このような流れが一般的ですが、初めて行う手続きや必要な書類などが色々あるため、かなり大変に感じられると思います。 特に住宅ローンの借入を行う場合についてはスケジュールを確認しながら行動しなくてはいけないのでかなり大変です。

詳しい手続き方法については住宅の購入を行う会社がきちんとアドバイスをしてくれるはずですので、一つ一つを確認しながら行動するようにしましょう。

手続き方法などはわからないほうが当たり前なので、遠慮なく質問することをおすすめします。

>> 一軒家とマンションの比較一覧へ戻る