結婚してマイホームを買うときの
一軒家を選ぶメリット

結婚してついにマイホーム購入

一軒家を買う場合のメリット

結婚という人生の節目をきっかけとしてマイホームの購入を検討される方が多いです。
気軽に購入する金額ではないと思いますが、マイホームとして一軒家を買う場合のメリットについて考えてみましょう。

自分の好きな間取りにすることができる

まずは賃貸マンションなどとは違い自分の好きな間取りにすることができるという点です。
現在は結婚をしたばかりでまだ家族が少ないかもしれませんが、将来的にお子さんが増えた時のことやお客さんが来てお泊りする機会が多いお宅など、ある程度自分の好みの間取りにしたいという場合があると思います。

特にご夫婦の寝室は子供部屋や来客用のお部屋とは離したい、リビングは広くしたいなどの好みに対応できるのは一軒家を購入する醍醐味でもあります。

管理費や修繕積立金などを支払う必要がない

また、マンションとは違い管理費や修繕積立金などを支払う必要がないことも大きなメリットといえます。その代わり将来の改善などの際には自己負担となりますが、住宅ローン以外の月々の支払いがかからないというのはメリットの一つです。

ガーデニングや家庭菜園などを広々と楽しめる

一軒家で広めの土地であればガーデニングや家庭菜園などを楽しむこともできます。
近隣住民に注意する必要がありますが、天気の良い日にはバーベキューを楽しむのも良いでしょう。一軒家のマイホームであれば家族で楽しむことができる時間が色々増えることも良い点です。

住宅ローンを完済した時点で自分の資産となる

もう一つは住宅ローンを完済した時点で自分の資産となることです。マンションの場合はローン完済後は資産価値が小さくなっていることも多いですが、一軒家の場合は土地も自分のものになり、家も全てが自分のものなので、自分だけの意思で改築などが可能です。

一軒家を購入するにあたって銀行などでローンを利用する方も多いと思います。当然のことですが、生活に支障のないように大きな負担がかからない支払額に設計することが大切ですが、住宅ローンの支払いは家計の中でも大きな出費になることは間違いありません。

しかし頑張ってローンを支払してしまえば自分の大切な資産の一つになることはかなり大きなメリットになるといえるでしょう。

一軒家は「自分や家族のためだけの家」

一軒家は「自分や家族のためだけの家」であることを強く意識することができるため、帰宅した時にもゆっくりとくつろげることや家族のために仕事を頑張ろうという意気込みも強く持つことができます。

結婚というタイミングで一軒家を買うことはとても良い時期でもあります。長期の住宅ローンでの支払いなら購入金額が大きくても毎月の支払いはそこまで大きく変わらないので、一軒家を取得することも検討してみてはいかがでしょうか?

一軒家にすると決めたら、一軒家を買うときの流れも参考にしてみて下さい。

>> 一軒家とマンションの比較一覧へ戻る