今の家は賃貸にして新しい家を買いたい

賃貸用と居住用では住宅ローンの意味も変わる

一生に一度の大きな買い物と言われるマイホーム選びで失敗しないために

今住んでいる家を賃貸にして、新しい家を買いたいと考えている方は多いものです。
急な転勤が決まり今の家に住み続けることが困難になった場合や、家族が増えたことで明らかに部屋数が足りなくなってしまったことでもっと広い家に住みたいなど人によって様々な理由があると思います。

しかし単純に今の家を賃貸にして新しい家を購入するというのはうまくいかない場合がありますので注意しましょう。

住宅ローンが残っているかどうかどうかは重要

まず今住んでいる家の住宅ローンがまだ残っているという方の場合は、新しい家の分の住宅ローンを借入することが難しい場合が多いです。元々住んでいる家のローンは本人が住むことを前提に利用しているもので、賃貸にすることで事業用となるためです。

住宅ローンの借入も難しくなるだけでなく、もしも家を借りる人が現れなかった場合は二軒分のローンを支払うことになります。 もちろん固定資産税や修繕費用は負担しなければならないことから大家としての負担も大きくなってくるのです。

賃貸料として予定している金額が新しく購入予定の住宅ローンの支払額よりも高かったとしても、必ずしもうまくいくとは限らないことを頭に入れておく必要があります。

状況によってケースバイケースの選択肢

そのため、今の家は売却して新しい家を購入するという選択をした方がスムーズにできるケースもあります。

ただし今住んでいる家のローンが完済しているという場合は、賃貸にして新しく家を購入することは問題がないでしょう。

家賃収入を税金や修繕などの費用に充てるために積立しておくことも良いですし、新しい家の購入資金の足しとして使うのも良いと思います。

これらのことを踏まえて、新しい家の購入にあたってしっかりと検討する必要があります。

理論上はうまくできると考えられても、現実はうまくいかないかもしれないというリスクを考えたうえで賃貸にするか売却するかを決めるようにしてください。

できれば不動産屋さんなどに相談をしながら一番良い方法をアドバイスしてもらうことをおすすめします。